ITの可能性を、未来の可能性に。JBグループ

ホーム > ソリューション&サービス  > 設計・開発・構築  > RPAソリューション

RPAソリューション

RPAソリューション

パソコン上の定型業務をソフトウェアのロボットで自動化し
企業の「働き方改革(業務効率化・生産性向上)」をご支援します

概要 導入効果 / 事例 トライアルプラン

RPAとは

RPA(Robotic Process Automation)はパソコン内のソフトウェアやアプリケーションを横断的に操作し、パソコン画面操作を自動化するシステムやソフトウェアの総称です。
RPAを活用すれば、今まで人手で行っていた作業を自動化させることができ、作業ミス防止や業務効率化、負担軽減につながります。これによって、人が本来やるべき付加価値の高い仕事へ注力することが可能になります。

3つのポイント

1. 人の操作をロボットで再現

RPAはパソコン上で行うあらゆる操作を再現することが可能です。
例えば、Webサイトからダウンロードしてきたデータを、Excelで加工し、メールで送付するといった、複数種類のアプリケーションを跨いだ業務であっても人と同様に作業することができます。

2. 高速で正確な処理

人が長時間、単純作業を行おうとした場合、どうしても集中力の途切れや疲れから、作業効率の低下や意図しないミスが発生してしまいます。
一方RPAはパソコン上のソフトウェアなので、疲れるということがありません。いつであっても教えられた動作を正確に、そして高速に実行することが可能です。24時間連続で稼働させて人の数十倍の作業量をこなしたり、ミスの無い操作で作業品質を向上させたりといったこともRPAなら実現することができます。

3. 簡単、かつ手軽に自動化が可能

従来のシステム開発と比較して、簡単で手軽に自動化を実現することができます。
RPAを使った自動化では、今まで人が行っていた作業手順を1つずつ操作のパーツに置き換えてフローチャートの形式で整理していくことで開発を行います。これによって、設計や開発の工程を短縮することができ、開発コストを抑えることができます。

社内にRPA化できそうな業務、ありませんか?

RPAを活用すれば、様々な業務を効率化することができますが、その中でも、作業のルールが明確で、繰り返し発生する様な業務が特に自動化に向いていると言えます。
いくつか例を挙げると以下のような業務において、社内で人手を使って行われているのであれば、RPAで効率化ができるかもしれません。

(適用可能な業務例)

  • ・Webからデータをダウンロード、加工してレポートファイルを作成
  • ・入力内容の妥当性検証、他の情報(マスタ)との突き合わせチェック
  • ・マスタファイルから情報を抽出、複数の業務システムへ情報を入力
  • ・メールで送られてくるデータをエクセルで集約、月次報告書作成






ページTOP